ネオジャパンの
サステナビリティの考え方

ネオジャパンの目指す姿

経営理念
リアルなITコミュニケーションで
豊かな社会形成に貢献
実現したい
ビジョン
人々が未来を感じることができる
幸福な社会を実現する
使命
いつどこにいても他人と
コミュニケーションが取れ、
働く場所や子育ての場所に
とらわれないライフスタイルの支援

マテリアリティ(経営重要課題)

カテゴリ マテリアリティ 個別課題 ESGとの関係性
環境 社会 ガバナンス

注目している
社会課題

①健康で生産的な働き方の実現支援 生産性の向上    
健康経営への貢献    
②DXを通じた顧客と地域経済へのエンパワーメント DX推進    
顧客のITリテラシー向上    
地方経済への貢献    
③ 顧客の事業継続リスク軽減 パンデミック対応    
④ 気候変動リスクへの対応 自然災害対応    

課題解決としての
事業創出

⑤デジタル技術を活用したオープンイノベーションによる事業開発 協業促進    
新規事業開発    
デジタル技術の活用    

サステナブルな
サプライチェーン

⑥当社ならではのデジタル人材の育成と多様化 ダイバーシティ    
人材育成    
⑦健康で生産的な働き方の追求 働き方改革    
自社健康経営の推進    
⑧安全安心な製品の提供 サイバーセキュリティ    
競争力のあるチャネル形成    

サステナブルな
経営基盤

⑨持続可能な経営基盤の構築 ESG経営の推進    
BCP策定    

特定のプロセス

当社では、環境・社会課題を解決し、当社の持続的成長を果たすため、長期的に重要課題と捉えられる9つのマテリアリティを特定しました。

マテリアリティとは、経営重要課題であり、現在と将来ありたい姿との間にある経済価値および社会価値のGAPを指します。

マテリアリティ候補の抽出

マテリアリティを特定するにあたり、まず当社の成長戦略やSASB(米国サステナビリティ会計基準審議会)、グローバルでのメガトレンドから候補となる項目を多数抽出しました。

マテリアリティの優先度決め
(マテリアリティマップの作成)

Step1で抽出された候補を基に、当社として経済的に重要な項目、社会的に重要な項目という二軸にマッピングし、優先度を可視化しました。また、関連するマテリアリティ候補をグループとしてまとめることで抽象化し、候補を集約しました。

マテリアリティマップ作成時の様子

経営層へのヒアリング

経営陣へヒアリングを実施し、自社および社会において重要と考える項目は何か、取り組んでいくべきと考える課題は何かを再確認しました。

マテリアリティの決定

マテリアリティ候補を9つに絞り、当社のマテリアリティとして決定しました。また、各マテリアリティに関連する個別の具体的課題を紐づけ、具体的施策を打つことができるようブレイクダウンしました。