ニュースリリース

ネオジャパン、導入実績国内最大級の
Webグループウェア『desknet's』
新バージョン「desknet's V4.2」を7月26日よりリリース

―40箇所以上の改良で、更に使いやすく、ポータル機能も提供―

株式会社ネオジャパン(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:齋藤晶議)では、国内最大規模の導入実績(パッケージ販売及びASPサービス提供を合せ、合計約3万3千社)を持つWebグループウェア「desknet's(デスクネッツ)」に40箇所以上の改良を施し、「バージョン4.2」として7月26日より新たにリリース致します。

2004年7月5日
株式会社ネオジャパン

今回のバージョンアップは、「desknet's スタンダード版」(※1)のみの対応で、主な改良点は以下の通りです。

◆ポータルメニュー画面設定追加
desknet'sのTOPページ内に指定したURLの画面を表示することが可能です。
内容に合わせサイズを選んで表示できます。社内で共通の情報を表示できるので、ポータルとして使用可能です。

◆タブメニュー設定追加
今までオプションMENUとしてリンクを張っていたURLなどを、タブメニューで表示できるようになります。
アクセス権の設定ができるので、参照者を絞ったURLの公開も可能です。

◆スケジュールの承認・否認機能を搭載しました。
他の人にスケジュールを登録する場合に承認・否認を依頼できるようになります。出席確認などが便利になります。

◆リッチテキスト形式での編集可能
ウェブメール、インフォメーション機能をテキスト形式だけでなく、リッチテキスト形式での編集ができるようになります。アイコンや画像データを本文中に貼りつけたり、Webページを切り取ってそのまま表示させたメールを作成できるようになります。

◆既存機能の強化点:
・「設備予約」:
 設備予約で利用時間帯、連続利用可能最大時間、予約可能期間の設定を追加しました。また、過去データ更新・削除の許可を設定できるようになります。後から施設の利用状況を確認する場合に便利になります。
・「タイムカード」:
 タイムカードに休憩時間を設定できるようになります。また、10分、15分、30分の単位を選んで端数を丸める設定ができるようになります。
・「電子会議室」:
 電子会議室のトピック毎の記載内容をcsv形式でエクスポートできるようになります。終了した会議室の内容をファイルに保存する際に便利です。
・「ウェブメール」:
 携帯電話からウェブメールを参照する際に受信日時を表示、未読のメールにはアイコンを表示するようになります。

その他
※1):desknet'sは、中小規模向けのスタンダード版と大規模向けエンタープライズ版があります。

■提供方法
『desknet's V4.2(Version4.2)』として、7月26日より下記サイトでダウンロード提供します。
http://www.desknets.com/standard/download/index.html

■ライセンス価格(スタンダード版)※税込み
5ユーザーライセンス     ¥41,790~
無制限ユーザーライセンス ¥1,047,900

※「desknet's 旧Version」からのアップデートは無償。
※「iOffice標準版」からのアップデートは、有償保守サービス契約にご加入いただいた方のみ無償。

※バージョンアップ詳細は、以下公式サイトにも掲載しています。
http://www.desknets.com/help/index_v42.html

※このニュースリリースに掲載されている会社名、商品名は各社の商標および登録商標です。